しみを消す方法について

MENU

しみを消す方法について

しみを消す方法について

年を重ねることで起こる肌トラブルは様々なものがありますが、多い悩みのひとつがしみによるトラブルです。できてしまうと老けた印象になってしまうため、予防をしたい、改善したいという人は多いと思います。

 

しかし、しみといってもいくつか種類があり消すためにはその種類にあった方法でケアしていくことが必要となります。

 

基本的なメカニズムとしては、紫外線によるダメージや肌への負担などによって肌を守ろうとすることによってメラニンが生成されます。メラニンは色素細胞の中で、チロシンというアミノ酸から生成されます。チロシンはチロシナーゼという酸化酵素によってメラニンへと変換されていきますが、基本的にこのメラニンは通常であれば皮膚のターンオーバーによって角質とともに排出されていきます。

 

しかし、紫外線や加齢などによってターンオーバーが乱れたり、過剰にメラニンが作られると肌にメラニンが残ってしまいます。

 

基本的にはこのようなメカニズムによってできますが、他にも原因はいろいろあり種類も異なってきます。

 

最も多いのが紫外線が原因の「老人性色素斑」です。長年紫外線を浴びることによってダメージが蓄積してできるもので、紫外線の当たりやすい顔や腕、手の甲、デコルテなどに出来やすいとされています。

 

予防するためには日焼け止めや帽子、UVカットされる長袖を着用するなどの紫外線対策が重要となります。セルフケアは難しいとされており、完全に消すためには医療機関でのレーザー治療や光治療が有効です。

 

メラニン色素の過剰生成によってできるものですので、黒や茶色に反応する特殊な光やレーザーを当てることによって、メラニンを多く含んでいる細胞のみを壊して排出することによって新しい細胞に生まれ変わらせます。

 

また、メラニン合成を阻害することのできるハイドロキノンなどを使ったケアがオススメです。ハイドロキノンと同時に、肌のターンオーバーを高めることによってメラニンを排出させるレチノイン酸を含まれたクリームを併用するホームケアを行うことによって効果が高まり、再発しにくくなります。

 

30〜40代の女性に多いのが女性ホルモンに関係していると言われる「肝斑」です。妊娠中やピルなどを利用している人にも現れるとされています。

 

薄茶色で頬や額、鼻の下などに左右対称にできるという特徴があります。原因は女性ホルモンのバランスの崩れだとされており、女性ホルモンが減少する30代後半から更年期にかけ、妊娠中、ピルを服用している時になどにできます。

 

また、ストレスが多かったり、肌を擦るなどの刺激が多い人も肝斑である可能性があると考えられています。

 

閉経後であればホルモンバランスが安定するため、肝斑は悪化しにくく、薄くなるケースもあります。セルフケアでの治療は難しく、改善するためには病院での治療がオススメです。病院では様々な治療が行われており、ビタミンCやトラネキサム酸などを内服したり、ハイドロキノンやとレチノインなどの外用薬を組み合わせます。

 

レザートレーニングという治療も有効で、非常に弱く平らに照射することのできるレーザーを照射することによって蓄積したメラニンを少しずつ減らしていくことが可能です。また、くすみや毛穴の開きを改善するのにも役立ちます。

 

そばかすは遺伝的な症状です。小学生頃から出てくるのが普通ですが、成長とともに増えたり紫外線の影響で濃くなることもあります。

 

後天的なそばかすもあり、これは紫外線や間違ったスキンケア、肌に合わない化粧品の使用、ストレス、ビタミンやミネラル不足、睡眠不足によって引き起こされます。そばかすは活性酸素が原因でひどくなるとされています。

 

活性酸素は体に必要な機能ですが、過剰に生成されると細胞を攻撃してサビや老化の原因になってしまいます。

 

活性酸素ができる原因は様々で、紫外線やストレスなどが挙げられます。日常的なケアとしては、紫外線対策を行って、メラニン生成が促されないように肌に負担のかけないスキンケアを行います。

 

普段の食生活では、ビタミンAを摂取することで体内でβカロチンに変えることで活性酸素の除去を促したり、ビタミンCをとることでメラニンの定着を防ぎ、ビタミンEをとることによって血行を良くして肌の新陳代謝を促していきます。

 

また、卵や牛乳、鶏肉のささみなどの良質なタンパク質を摂取することによって肌を作ったり、コラーゲンの生成が促されます。

 

他にも様々な種類のものがありますが、治療するためにはその種類にあった方法で治療していくことが大切です。また、基本的の紫外線によるダメージやストレスがあるとどんな種類のものでも症状は悪化してしまいます。

 

そのため、悪化させないためにも日頃から紫外線対策を行い、活性酸素を除去することのできる食材を積極的に摂取したり、肌のターンオーバーを整えるように規則正しい生活をし、ストレスを溜めないように工夫をしていくことが重要となります。

しみを消す方法について

関連ページ

しみ対策ができる美顔器の特徴と価格を紹介
もし消すことが出来ると、かなり若く見えるのがしみ。それだけになんとかして、消したいですよね?ここでは、シミ対策に効果があると言われている美顔器とその特徴や価格などについてわかりやすく解説していきます。
くすみでお悩みの方には美顔器がおすすめ
しみと並んで、いっきに老け込んで見えてしまうのがお肌のくすみですよね?ここでは、くすみで老けて見えることで悩んでいる方におすすめしたい、くすみが無くなると評判で人気の美顔器の効果などをわかりやすく解説していきます。
シミに効果がある美顔器の口コミ
くすみ、しわと並んで、お肌をいっきに老けさせて見えてしまう肌トラブルのひとつがしみです。このしみを消したり、予防などに効果があると言われている美顔器の口コミを紹介していきます。
超音波の美顔器がしみを改善に導く可能性
しわ、くすみ、たるみなどと並んで女性を老けて見せてしまう肌トラブルのひとつがしみです。ここでは、超音波の美顔器がしみを改善に導く可能性についてわかりやすく解説していきます。
しみに効果が期待できる美顔器の選び方
どうしたら、お肌を老け込ませるしみを退治することが出来るの?ここでは、しみの改善の効果が期待できる美顔器の失敗しない選び方についてわかりやすく解説していきます。
お肌のターンオーバーとしみの関係について
しみがお肌に出来てしまったり、増えてしまうと老け込んで見えてしまうために、本当にショックなものですよね?お肌の美しさに密接な関係があるターンオーバーとしみの関係についてわかりやすく解説していきます。